馬主登録の流れ

共有馬主になるためには、地方競馬全国協会(NAR)に馬主申請を行って登録されなくてはなりません。
登録手続きの流れは以下になります。

1.必要書類の提出
審査のために必要な書類を、記入が必要なものは全て記入します。書類の提出方法は、

各地方競馬場などに設置されている地方競馬全国協会の駐在員に、預託を予定している調教師を通して提出。
地方競馬全国協会の登録課へ郵送。
のどちらか。
書類には身分証明書・所得証明書・写真などご自分で用意するものの他、「地方競馬全国協会」の公式サイトでダウンロードするものがあります。

2.審査~登録
提出した書類は馬主登録審査委員会にて審査されます。
馬主登録審査委員会が開催されるのは年間5回(日程は非公開)
審査にかかる期間は約5ヶ月かかりますが、書類提出の時期によってはそれより長くなる場合もあります。
書類を提出して審査を受けた後、調教師を通して馬主登録証の交付となります。

3.登録手数料の支払い
馬主登録後には「地方競馬全国協会」に登録手数料を支払わなくてはなりません。
登録手数料は1万円です。

当クラブでは馬主申請のサポートも行っています

馬主登録申請時に必要な書類は非常に多岐に渡り、それらをすべて申請者ご本人様で揃えるのはかなりの労力を要する作業です。
当クラブでは、提携している行政書士によって、必要書類の収集・作成を申請者様に代わって行う事も可能です。
また、全てを代行しなくとも、一部委任や、お電話やメールでのご相談、ご不明な部分に関するアドバイス等も無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。